さっしいの鉄道風景 <昭和44年(1969) 2月>      ⇒ ぽこぺん 

≪ 画像をクリックすると拡大表示されます ≫

さっしいの鉄道風景 < 41 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

中1も終わりに近付いた頃、玉電はもうすぐ廃止されるという報道がありました。その頃は、身近な都電以上に憧れていた玉電。その姿を最後まで見届けようと渋谷駅まで足を運んだこの日から、「電車の写真を撮りに行く」という行動が自分の生活の中で大きな位置を占めるようになります。そういう意味では記念すべき日となりました。玉電の乗場は渋谷駅の西側に建つ東急百貨店ビルの2階に直結しています。この日最初に目にしたのは80形の104号。木造車の鋼体化名義で車体を新製した車輛で、玉川線廃止後は87号に改番され、その後は江ノ電に譲渡されて601号として再び活躍し、顔は少し変わりましたが、現在は里帰りして世田谷線の宮の坂駅にて保存されています。



さっしいの鉄道風景 < 42 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

鉄道雑誌などの写真で頻繁に目にしていた玉電ですが、実際に見たり乗ったりした記憶は無く、渋谷駅の乗場へ来たのも初めてです。路面電車だという認識はあっても、普段接していた都電とは大違い。立派なターミナル駅で次々に電車が折返して行き、2両連結の編成も数多く見られます。86号と105号のツーショット。どちらも80形ですが、86号は純粋な新製車。105号の方は前回の104号同様、木造車の鋼体化で、玉川線廃止時に改番されて88号となった後に江ノ電に譲渡されるという、104号と同じ道を辿りました。江ノ電では602号を経て651号となって活躍。廃車後は前頭部だけが江ノ島駅近くの「扇屋」という和菓子屋さん(「江ノ電もなか」販売店)の店先で保存されています。



さっしいの鉄道風景 < 43 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

やって来ました! 憧れの玉電200形、タルゴ君。丸っこいボディーが、なんとも魅力的じゃありませんか。まさに玉電のスターですね。幼い頃に見ていた交通の図鑑や乗物絵本などにも載っていることが多く、その未来的なスタイルに大いに惹き付けられたものでした。色がまた素敵で…モノクロ写真なのが残念ですが、クリーム色と濃緑のツートンカラー。派手さはありませんが落ち着いた塗り分けで好感が持てました。渋谷に到着した201号は、これから降車ホームに乗客を降ろし、その先のダブルクロスポイントを渡って線路の終端で折返し、乗車ホーム側へ転線して出発を待つことになります。できれば、これに乗って二子玉川園まで行きたかったのですが…



さっしいの鉄道風景 < 44 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

二子玉川園からやって来た201号ですが、折返して出発線に入って来た時には行き先が変わり、下高井戸行きになってしまいました。今日は取りあえず本線の終点の二子玉川園まで行きたいので、残念ながら、ひとまず見送ることにします。200形は昭和30年生まれ。ちょうど到着して左に並んだ96号は昭和28年製で、25年から製造された80形の一員ですが、87号以降は旧形の木造車を鋼体化したものです。とはいえ、流用されたのは台車くらいで、電動機や制御器は交換され、車体は全くの新製となっています。行先板はどちらも「渋谷-下高井戸」という表示で、二子玉川園行きが白地の板であったのに対し、赤地の板に白文字で記されていました。



さっしいの鉄道風景 < 45 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

乗れなくて残念ですが、渋谷駅を発車して行く下高井戸行きの201号の後ろ姿を見送ります。これから道玄坂上まで、上り勾配の専用軌道を走って行きます。それにしても優雅で魅力的なスタイルですね。この角度から眺めると、プクッとした下膨れの表情が強調されて見えるようです。200形は2車体連接車で、中間台車は一軸。2車体で1両と数え、昭和30年に201~206の6両(6編成)が作られましたが、この当時は既に2編成(202・203)が廃車になっていたようです。右手のガラス壁面は京王帝都電鉄井の頭線の渋谷駅で、大部分が建屋に覆われていますが、手前側の降車ホームからは窓や柵越しに玉電が見下ろせました。今思えば、そこからも写真を撮っておけば良かったですね。



さっしいの鉄道風景 < 46 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

渋谷を出て専用軌道の坂をぐんぐん上って行く80形の後ろ姿を追うと、向こうからは70形が坂を下って来て、すれ違いました。昭和13年に玉電ビル(現在の東急百貨店東横店西館の前身)が建てられ、その2階にターミナルを設けて乗り入れるようになったわけですから、明治40年の開業時よりは勾配がかなり緩和されているはずです。それでもスタートと同時に全力で、力強く坂道を上って行くという感がありました。2台の玉電と並んで遠くで口を開けているのは井の頭線のトンネルです。昭和8年に帝都電鉄として井の頭公園まで開業、翌年には終点の吉祥寺へ達しています。玉電と一緒に井の頭線の電車も来てくれれば良いのですが…



さっしいの鉄道風景 < 47 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

おぉ~、ちょうど良いタイミング♪ 33‰(パーミル)勾配の坂を下ってくる玉電80形とすれ違うように、井の頭線の3000系電車が吉祥寺をめざして発車して行きました。望遠レンズはありませんが、結構ラッキーな写真が撮れたと思います。トンネルを抜けた先は神泉。ちなみに、この当時の井の頭線はまだ急行運転が始まっていないので、列車は全て各駅停車です。玉電の方は、はるか遠くにも小さく電車の姿が見えますが、ちょうど併用軌道区間に入るところです。昔はそこに「道玄坂上」という停留場があったそうです。この写真に写っている一帯は、今は全て「渋谷マークシティ」のビルの中に取り込まれていて、中を歩くと勾配ではなく、フロアごとに上の階へ移動して行くことになります。



さっしいの鉄道風景 < 48 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

次に専用軌道の坂を下って渋谷に到着したのは、70形の2連、74+73でした。この当時の玉電車輛の中ではかなり古い形式で、武骨な雰囲気が漂っていますね。新形の高性能電車が好きな年頃だっただけに、こういう戦前製の旧形車輛にはあまり親しみが湧かず、乗るのも敬遠していましたが、今なら、むしろこちらの方が愛おしく思えそうです。昭和17年から製造された形式で、当初は前面も左右対称の3枚窓だったようですが、「連結2人のり」への改造の際、こちら側の角に小窓が増設されて非対称となりました。同時に片運化されています。玉電廃止後は全車が世田谷線に残り、後に改造されて顔付きはかなり変化しましたが、最後は300系に生まれ変わっています。



さっしいの鉄道風景 < 49 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

続いて渋谷に到着したのは、この日2台目のご対面となるタルゴくん、205号。下高井戸からの運用ですが、かなりの人が乗っている様子で、前面の大きな窓には小さな子供がかぶり付いています。200形は運転台右側の最前部まで座席が設けられ、恰好の展望席となっていました。この日は日曜日ですが、立っている乗客もいるように見えますね。玉電廃止の主な原因は利用客の減少ではなく、道路の渋滞と共に、代替交通機関となる新玉川線や首都高速道路の建設など様々な要因が絡んでいたのでしょうが、こういう光景を見ると、廃止後のバス輸送への切替なども心配になってきます。下高井戸方面からは、渋谷まで直通で来られなくなってしまいますね。



さっしいの鉄道風景 < 50 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 渋谷 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

渋谷に到着し、乗客を降ろす直前の玉電デハ205。左上には窓ガラス越しに大勢の人の姿が見えますが、井の頭線の駅に電車が到着し、こちら側の降車ホームに下りた乗客が出口へ向かって歩いているところです。その下の方に、何とも場違いな感のある洗濯ものが干されていて、トイレの換気筒らしきものの付いた小屋も見えますね。玉電の職員さんの待機所にでもなっていたのでしょうか。50年経って写真を見て、初めてそんなことに気が付きました。右側の玉電乗場では下高井戸行きの80形が発車を待っています。この205号も下高井戸へ戻るようなので、今回はタルゴ君は諦め、次の二子玉川園行きに乗って終点まで行くことにしましょう。



さっしいの鉄道風景 < 51 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 二子玉川園 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

タルゴ君たち200形は下高井戸行きばかりが続き、結局この70形(73+74)に乗って終点の二子玉川園までやって来ました。この当時は田園都市線の高架化に伴い、終点の位置が移動していて、線路は渋谷方へ少し後退していたらしく、どことなく仮駅のような佇まいに感じられました。二子玉川は、今や「ニコタマ」などと呼ばれる、ファッショナブルでハイセンスな街(…でしょうか?)。ところがここに写っているのは、雪駄履きで肩を怒らせた「葛飾風」のお兄さんや、「ねんねこ」で赤ちゃんをおんぶしている「日本の母」など、何やら下町の雰囲気が漂っていますね。このあたり一帯も元は田園地帯だったはずですが、この頃から急速に都市化が進んだのでしょう。



さっしいの鉄道風景 < 52 > 玉電(東京急行電鉄 玉川線) 二子玉川園 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

二子玉川園駅(停留場)のホームに戻り、改めて70形の全容を眺めてみます。前面のこちら側の隅には小窓がありませんが、反対側は改造され、左右非対称の変則4枚窓になっていることが分かります。運転台の両側の窓の幅が、左右で異なっていますね。また、側面の客用ドアは、戦前の登場時には2枚引戸だったそうです。集電装置は、当初はもちろんポールで登場し、戦後にビューゲルに変更、のちにパンタグラフに交換されています。ここは降車ホーム。画面右端には、お父さんかお祖父ちゃんか、男の人に手を引かれる幼い女の子の姿が見えますが、残念ながら中途半端に切れてしまっていますね。撮影時には、こういう点にまで気を配って構図を決めるべきでした。



さっしいの鉄道風景 < 53 > 玉電(東京急行電鉄 砧線) 二子玉川園 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

こちらは、渋谷行きの玉川線乗場と同じ島式ホームの反対側、砧(きぬた)線の乗場です。二子玉川園駅のホームの番号は、田園都市線の1~4番線(2・3番線は工事中で未使用)からの通し番号で付けられているため、玉川線が5番線、砧線は6番線となっています。法規上、玉川線は「軌道」ですが、同じような仕様でも砧線は「鉄道」という扱いで、「軌道法」によって運営される玉川線と異なり、戦後は「地方鉄道法」の適用を受けていました。それでも車輛は玉川線と同じく、軌道線(路面電車)タイプのデハ60形が使われ、この日は65号が担当していました。70形に似て、やはり武骨な表情ですね。写真左手の側線の先には、他に60形が2台留置されています。



さっしいの鉄道風景 < 54 > 東京急行電鉄 田園都市線 二子玉川園 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

砧線に乗る前に田園都市線の高架線を眺めると、大井町から来た3450形の電車が1番線ホームに入って行きます。番号は判読できませんが、最後尾は全金属製でノーシル・ノーヘッダーという更新3600形タイプの車体なので、事故復旧による異端車であったデハ3472でしょう。その手前に見える上り勾配の高架線は、将来、新玉川線がやって来るための設備ですが、計画当初は地下鉄銀座線がここまで延長される予定でした。しかし、既に計画は変更となって、田園都市線と直通する規格の路線が作られることになりました。更に手前の高々架は大井町へ向かう田園都市線の上り線で、この左手で新玉川線の高架を跨ぎます。(当時の田園都市線は「大井町-つくし野」)



さっしいの鉄道風景 < 55 > 玉電(東京急行電鉄 砧線) 砧本村 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

さて、二子玉川園から砧線のデハ65に揺られ、あっさりと終点の「砧本村(きぬたほんむら)」に着いてしまいました。全線単線で途中の列車交換も無く、その間10分足らず。終点に着いた電車は、写真を撮る間もなく折返してしまったようです。とりあえず、誰もいないホームだけを写してみました。この駅名、昭和36年以前は単に「砧」と称したようで、戦前の地図などの右横書きでは「たぬき」と読めてしまいます。それかあらぬか、周囲には特に行くべき場所も無く、それこそ「狸」に化かされたかのような終点だったとも言えそうです。かつては駅前に「わかもと製薬」の工場があり、砧線を利用する通勤客も多かったのでしょうが、この当時は小さな売店が一つあるだけだったような…



さっしいの鉄道風景 < 56 > 玉電(東京急行電鉄 砧線) 砧本村 昭和 44年 2月 23日
鉄道写真

しばらく待つと、次の電車がやって来ました。20分程度の運転間隔だったのでしょうか。先程と同じデハ65ですから、全線2.2kmばかりの区間を、日中は1台でピストン輸送しているようですね。この日は日曜でもあり単行運転ですが、平日のラッシュ時には2両連結もあったそうです。砧線は法規上は「鉄道線」だったとはいえ、実際に利用してみても、その違いは分かりませんでした。ただ、乗車券は他の鉄道線の駅からも「通し」で売られていて、地図式などもあったようです。車内で求めた20円切符は、回数券のようにペラペラではないものの薄手の紙が使われ、ミシン目で切って売られるタイプのものでした。 ※切符の画像は⇒ こちら